事業内容 Service & Solution「金型離型性特殊コーティング剤の施工、販売及びメンテナンス事業」

トップページ > 事業内容 > 金型離型性特殊コーティング剤の施工、販売及びメンテナンス事業

金型特殊コーティング剤の施工、及びメンテナンス事業

玄技術が開発した金型特殊コーティング技術は、アルミ・亜鉛ダイカスト鋳造、ガラス瓶成型、樹脂成型に使用する離型剤の使用を軽減・排除します。

【特願2009-196149】

特殊コーティング剤を金型表面へ直接コーティング

極薄のコーティング膜であるため、金型寸法を変更する必要がありません。コーティング効果が低下してもリコート可能です。また、金型へ必要な部分のみのコーティングが可能です。

【離型コーティングのメリット】

・離型剤使用量(濃度)の低減  ⇒ アルミダイカストテスト実績:水系離型剤濃度が通常より約6倍希釈で生産
・生産中メンテナンス頻度の低減  ⇒ アルミダイカストテスト実績:約1500ショット毎に金型メンテがノーメンテナンスに。
・離型性の問題で良品生産困難な製品が生産可能  ⇒ ウレタン発砲樹脂成型テスト実績:脱型困難で生産不可能が可能

離型コーティングシステム(Mold Release Coating System)

離型コーティング剤「AN-01」

コーティング表面の摩擦が少なく汎用性の高いコーティング剤。
超薄膜の皮膜を形成し、金型寸法に影響を与えることなく、低摩擦、高耐熱性を併せ持つコーティング剤です。

離型コーティング剤「AN-01」

磨きのかけられた金型表面でも電子顕微鏡で見ると小さな穴があり、微細化された「AN-01」はその小さな穴に入り込むため金型表面が磨耗しない限りその場で長時間持続させます。

離型コーティング剤「AN-10」

高耐熱性・表面高硬度の過酷下に対応可能なコーティング剤。
最大1,500℃までの耐熱性能に優れた高硬度の塗膜を形成し、熱衝撃から金型を守るのに最適です。

離型コーティング剤「AN-10」

無機セラミックス系の硬い皮膜は、熱にも強く硝子のブロー成型などでかかる熱衝撃にも長時間耐えられ金型を熱による変形や酸化などから守ります。

安心の納期

金型、ピンを弊社へ送って頂き、コーティング加工致します。 通常、金型到着後、翌々日には加工しまして発送致します。 移動が出来ない大型の金型については、お客様のご要望に応じて、弊社専門スタッフによる出張現場加工も可能です。 また、離型コーティング加工のお引き合い及びご評価を頂いたお客様には、補修・メンテナンス用に離型コーティング剤を販売させていただきます。

ページの一番上に戻る